dBZ-48d

概要・仕様
ダウンロード

dBZ-48d

dBZ-48dはEQ、ディレイ機能搭載の1U2ステレオインプット4ステレオアウトプットのステレオディストリビューションミキサーです。dBZ-48同様にステレオインプットはクリアで正確なLEDメーターとミュート、モノサミング、Gain調整機能を装備します。それぞれのアウトプットもインプット同様機能を有し、更にステレオ入力のために独立しているミックスコントロールを追加し、個別バランスのステレオミックスを各出力に送ることができます。dBZ-48dは筐体内にDSP信号処理を搭載することで、アドバンスな機能を追加しています。各出力にはユーザ設定可能なディレイ、24dB/オクターブのハイパス・ローパスフィルター、およびポラリティ制御機能を装備しています。複数の系統にステレオソースをミックスし、分配することを考える際、システムデザイナーの理想的な解決策となりえます。全てのDSPパラメーターは、フロントパネルからの包括的なコントロールと明確なアルファベットと数字の表示により調整が可能です。全体のコンフィグレーションを変更する8つのメモリープリセットが装備され、フロントパネルよりストア、リコールが可能です。ツアーリングや、多目的なライブハウス等のアプリケーションに理想的な機能を搭載しました。予期せぬパラメーター変更がなされないようにメニューをロックする機能や、オプション品としてフロントパネルガードの用意があるので、セキュリティー保持として誤動作を防ぐことができます。

使用アプリケーション例

[ゾーンミキサーとして]

ゾーンミキサーとして、dBZ-48dは各ステレオ出力チャンネルにハイパス、ローパスフィルターの両方を備えています。このフィルターを活用し、調整することでレストランやバー設備等においてBGMの帯域幅を制限することによって、会話をしたいお客様のための音場創造が可能です。さらに、天井スピーカーなど、小さいスピーカーに対しては、求められていない周波数帯域にフィルターにかけることによって明瞭度を上げ、スピーカーを保護することもできます。また、フィルターを活用することで、サブウーファーとのつながりにも活用できるため、外部クロスオーバーを使用する必要がなくなります。

[ステレオ分配器として]

タイムアラインメント調整がこれほど簡単であったことは他にありませんでした。アンダーバルコニースピーカーやディレイタワーのディレイ調整は、今まで以上にすばやく効率的に設定することができます。大きい会場や屋外では、カバエリアを確保するために複数箇所にのスピーカーを設置利用することが重要です。ディレイは、システム全体のタイミングを整えるのと同時に、スピーカー間の距離が離れて設置されるときに起こる"エコー"を排除するためにも必要です。dBZ-48dの中で正確にディレイを設定することで、結果的に明瞭度を大幅に改善することができます。距離か時間(ユーザー設定可能)を表示することで、滑らかにミスの無い方法でディレイ調整はより簡単に行うことが可能です。

[パワードスピーカーのパートナーとして]

多くのアプリケーション(たとえば会議や、製品発表会や、ディナーショー、トークショーなど)で、パワードスピーカーは大変便利であると実証されています。dBZ-48dを使えば、信号分配、ディレイ合わせ、およびクロスオーバーの機能のすべてが単一の機器の中で、4つの別々のステレオか、モノのゾーンに供給することが可能です。

[映像のアプリケーションとして]

ライブサウンド環境へ(コンサートや、VJなどで)映像を統合するという今日増えてきている需要では、映像へオーディオを連動させる課題は避けて通れません。dBZ-48dはディレイをフレーム単位(24、25、30-fps)で各出力に挿入することができるため、これらの理想的な解決策となります。

  • プロフェッショナルクオリティーと信頼性
  • 全てのインプットアウトプットにミュート機能
  • 全てのインプットアウトプットにモノサミング機能
  • 包括的なLEDメーターとクリップインジケーター搭載
  • 電子バランスでのインプットアウトプット伝送
  • RFフィルターを音声系統I/Oと主電源に装備
  • ユニバーサルパワーサプライ
  • フロントパネルガードによる誤動作防止(オプション品)
  • 最大1秒のディレイタイム
  • 24dB/オクターブのハイパス・ローパスフィルター
  • ポラリティー制御
  • W483 x H44 x 183(mm)
  • 2.5kg

詳細データ