Composerソフトウェア

ComposerソフトウェアはSymetrixのEdge、Radius、Prism、Solus NXをコントロールするWindowsベースのオープンアーキテクチャーソフトウェアです。SymetrixのDNAであるDanteの設定もこのソフトウェア上で行います。

日本語訳 操作マニュアル

リンク先画面より左側のメニューツリー[+]ボタンを押下してください。

ソフトウェアダウンロードリンク:

Composer v5.6 ソフトウェア Composer v5.6 リリースノート

Symetrix技術資料:

特徴1:豊富なDSPモジュールにより必要な機能を全てこの1台でカバー可能

Composerでは600種類以上のDSPモジュールから必要な機能をドラッグアンドドロップにてシンプルに使用可能です。

主なDSPモジュール

  • ミキシング、ゲインコントロール(マトリクスは最大80×80まで可能)
  • イコライザー(グラフィック、パラメトリック)
  • フィードバックサプレッサー(フィードバックサプレッサー、ノッチフィルター)、トランジエントサプレッサー
  • オートマチックミキシング(ゲート方式/ゲインシェアリング方式)
  • ディレイ
  • エコーキャンセラー(対応機種のみ)
  • ダイナミクス(コンプレッサー/リミッター、AGC、エキスパンダー、ダッカー、ディエッサー、SPL Computerなど)
  • 会議マネージメント(テレホンダイアラー、エコーリデューサーなど)
  • フィルター(クロスオーバー、FIRフィルター、ハイ/ロー/オールパス/バンドパスフィルターなど)
  • ラウドスピーカーマネージメント
  • プリセット登録(最大1,000まで登録可能)
  • シグナルジェネレーター
  • 外部制御設定、ウォールパネル機能設定
  • サードパーティー機器のコントロール

特徴2:様々なユーザーコントロールによる柔軟なシステム制御

ARCウォールパネル
Cat5ケーブルにて専用ウォールパネルを接続可能です。日本語フォントに対応可能な機種もございます。
ARC-Web
Webブラウザー経由で制御できるソフトウェアです。システムの状態監視以外に、任意のコマンドを設定し、モバイル端末、タブレットなどからDSPをコントロールします。
SymVue
WindowsベースのPCやタブレットで使用可能なユーザーカスタマイズ可能なコントロールソフトウェアです。Composerソフトのほぼ全てのモジュールの機能を反映可能で、画像を取り込み、ユーザーに合わせたカスタムコントロールパネルを作成可能です。DSPの制御のみならず、外部機器のコントロールまでも可能です。
GPIO
GPIはスイッチを接続し、任意の制御を行う他、2ポートを使用しアナログボリュームを接続することも可能です。これにより安価なユーザーコントロールを提供可能です。

特徴3:サードパーティー機器のコントロール

SymetrixがセレクトしたサードパーティーのDanteデバイスをコントロールすることができます。これによりユーザーは入力から出力までDanteコントローラー無しで全システムをComposerからコントロールすることも可能です。

対応メーカー一例:

Ashlyパワーアンプ
Attero Techアナログ-Dante変換I/Oなど
Audio-TechnicaDanteマイクロホン
CLOCKAUDIOアナログ-Dante変換I/Oなど
ShureMicroflexワイヤレスマイクロホン
Stewart Audioパワーアンプ

特徴4:DSPにロジック回路を搭載

特徴的なロジック回路を搭載し、様々なSymetrixにしかできないコントロールが可能。Gates(AND、OR、XOR)、Flip-Flop、Binary Encoder、Decoder、Multiplexer、Delayといった ロジック回路によりどんなユーザーの要望にも対応可能。またGPO、RS-232、イーサネットを使用し、制御を受けるだけでなく、DSP側から外部機器の制御も可能です。これによりプロジェクターのOn/Off、ロールスクリーンの昇降、ビデオスイッチャーの切り替えなどのコントロールがSymetrixのDSPより制御することができ、制御システム導入コストを削減できます。

特徴5:優れたエコーキャンセラー機能

Symetrixのエコーキャンセラー対応DSPには市場で最高峰のエコーキャンセラーを搭載。難しい音響環境の会議室でのビデオ会議で最大の課題となるエコーを効率的に消去可能です。

  • エコーキャンセルテールタイム300msによる完璧なエコー除去
  • コンバージェンスレート100dB/sというスペックにより1秒間に最大100dBのエコー成分を抑制
  • Danteにて取り込んだ音声に関してもAEC Auxを使用しエコーキャンセラー回路を通すことが可能
  • ノイズキャンセリング回路搭載(バックグラウンドノイズを20dBまでカット)